こんにちは。かりんです。

 

2020年の新型コロナウィルスの流行で、働き方は多様化しました。
テレワークやリモートワークなんて言葉がよく聞かれるようになりました。

 

NIRA総研というところで、テレワークの実態調査をしています。
第3回の調査結果がまとめられていましたので、抜粋して紹介しますね。

 

テレワーク実態調査

首都圏の1都3県での緊急事態宣言が出されるという今日、
東京の感染者が2000人を超えました。
2447人だそうです。

 

ニュースなどで見る東京の駅の様子は、皆マスク姿ではあるけれど、やっぱり人が多い。
こんなに人が多いのに感染対策は大丈夫なの?と思った人もいるのではないでしょうか。

 

そこで、テレワークの実態調査の結果です。
第3回というからには、第1回、第2回があったのですが、ここでは最新の第3回のみ取り上げます。

 

まずは平均テレワーク利用率ですね。
全国と東京圏のザックリ2つに分けて比べています。

 

出典:NIRA総合研究開発機構「第3回テレワークに関する就業者実態調査(速報)」2020年12月

 

最初の緊急事態宣言の4月にぐっと増えて、解除後に段々減ってきています。
12月も減って来ていて、このまま元に戻りそうな気配でした。

 

もちろん、テレワークに向いているかどうかは業種によります。

 

出典:NIRA総合研究開発機構「第3回テレワークに関する就業者実態調査(速報)」2020年12月

 

企業規模だって関係アリです。

 

出典:NIRA総合研究開発機構「第3回テレワークに関する就業者実態調査(速報)」2020年12月

 

*調査結果の全ては、こちらで見れます。
https://www.nira.or.jp/outgoing/report/entry/n201229_996.html

 

昭和な会社 昭和なオジサン

 

年齢で見るのもおもしろいです。

 

出典:NIRA総合研究開発機構「第3回テレワークに関する就業者実態調査(速報)」2020年12月

 

65歳以上の横ばいぶり(笑)。
わずかな差ですが、年齢が若い人の方がテレワークを利用しています。

 

日本の企業って『体調が悪くても、這ってでも会社に出てこい!』なんて昭和なところがありますよね。
実際に初めの頃は『熱があるにもかかわらず出勤』していて、あとで感染していることがわかった、という例もいくつかニュースになっていました。

 

遠い昔、私も会社勤めをしていたときは、
長時間会社にいる=仕事頑張ってる
みたいな風潮が確かにありました。

 

残業をするために就業時間に手を抜く人もいたし。

 

通勤の交通手段のダイア改正によって、やむを得ず出社時間が早くなってしまったときには
「最近がんばっているね!」
なんて変に褒められた?こともあります。
ワープロも使えない上司にです。
(当時はパソコンがありませんから、手書きorワープロです(汗))

 

今もいますよね、絶対。
昭和の風習を持った昭和なオジサン。

 

テレワークだっていうのに「できれば出社してほしい」とか言ってそう。
だからテレワーク利用率が下がるんですよ。

 

この昭和なオジサン、どうなると思います?

昭和世代のこれから

昭和なオジサン、オバサンもいますよね。
運よく定年まで会社に居れたとして、その後どうなるでしょうか。

 

年金生活?
いやいや、年金はどうなるかわからないですよ。
当てになりません。

 

子供に頼る?
子供だって結婚して家庭を持ったら、それだけで大変です。

 

子供の数より高齢者の数の方が多いんだから、自分のことは自分で、ですよ。

 

だからね、ちょっと昭和っぽいあなたも自分でなんとかしないと。
在宅で自分のチカラで稼げるようになっておくのって安心です。

 

ハイ、わかります!
新しいことって始めるのが億劫だし怖いし。
それこそ「もう歳だから」って年齢を理由に避けたくなりますよね。

 

でもね、
ガッツリ昭和生まれでバブルを知っている私でもできました^^。
ただし時間はかかりますよ。
だから今から少しずつやってみるのはどうですか?

 

こんな記事も見てみてください⇩

 

50代でもネットで稼げる?50代こそブログアフィリエイトが有利な理由

では。かりんでした。

 

何かありましたら気軽にメールしてください。
些細なことでもご相談・質問も待ってます^^
メールしてみる

おすすめの記事