こんにちは。かりんです。

 

突然ですが、この言葉を言われたことはありますか?

 

『自分で調べてください』

 

ネットで稼ぐためにノウハウを実践しているとき。
解らないことがあって質問したらサポートにこう言われた、という経験は私にもあります。

 

今回はこの『自分で調べる』についてお話したいと思います。
『稼げる人』になりたいなら超重要な内容です。
見逃したら、稼げる日が遠くなりますよ!

 

『自分で調べてください』て何!?

新たに購入したノウハウで「これで絶対に稼ぐぞ!」と頑張って取り組み始めました。
でもあれ?なんかうまくいかない。
どうしたらいいかわからない。

 

そこでサポートにメールで質問します。
わからなくて進められないのでその日の作業はストップ。
サポートからの返信待ちです。

 

返信ってすぐには来なくて大体翌日です。
翌日、受信トレイを確認したら、お!返信来てますね。
早速開いて見るとそこには・・・

 

『自分で調べてください』

 

え?何?
1日待ってコレですか?

 

自分の疑問が解決するはずだと期待していたのに、一気に落とされます。

 

それに、この言葉、冷たすぎるんです。
極寒。
シベリア。
「床がキンキンに冷えてやがる-!!」なんて叫ぶ元気もないです。

 

これだけで、やる気消滅。
脱落するほどの破壊力なんですよね(泣)。

 

他にも、2つ質問したら1つしか回答されないこともありがちです。

 

あれ?2つ聞いたんだけど、もう1つは??

 

そう思っても、
私なんて過去に教材サポートにキレられたことがあるので怖くて。
もう1つの質問に答えてもらってませんけど?
とかって聞き直すことができません。

 

そもそも、
サポートにだって思い切ってメールしたんです。
それなのに・・・。
ひとりで悲しくなるのみです。

 

悲しみと同時に怒りも湧いてきます。

 

『親切丁寧なサポート』じゃなかったんかいっ!!
高い教材費払ったのに、金返せっ!!

 

とか思っちゃいますよ、ほんとに。

 

と、ここで激しく共感しているそこのあなた。
危険です!!
そのままでは稼げない状態から脱出できませんから!

 

なぜ『自分で調べてください』と言われるのか

『自分で調べてください』
冷たすぎるこの言葉。
なんでそんなこと言われるのでしょうか?

 

実は、理由は明白です。
検索すれば簡単にわかることだからです。

 

ネットビジネスでは、わからないことがあったとしても、
Googleで検索すれば、ほとんどのことは解決できる。
と言われています。

 

中でも
初心者がわからないようなことは、ほぼ100%カバーできる。
とも言われています。

 

ネット環境にあって、すぐに検索できるはずです。
検索すればすぐに解決することをサポートに質問しているから『自分で調べてください』になります

 

作業をストップして、翌日まで返事を待つような内容じゃないからです。

 

でもね、
『そっか。そんな質問しちゃったアタシがダメなのね。』
なんて思わないでくださいね。
あなたのせいじゃないですから。

 

私たちって、基本的に受け身なんですよ。

 

子供時代は、学校に行って、席についていれば授業が始まって教えてもらっちゃう生活。
そして大人になったら、雇われて働く生活。
会社は利益のために、歯車として働いてもらうために仕事を教えてくれます。
正しい歯車になってもらいたいので、親切に教えてくれますよね。
「わからないからできませーん。」て、ちょっと上から言っても対応してくれるほど。

 

だからね、そのクセが抜けないのはあなたのせいじゃないんです。

 

でもそこの意識を変えないといけない。
稼げる人になりたいのなら、意識を変えて自分で調べる力を身に付けないと。

 

大事なことなのでもう一度言います。
稼げる人になりたいのなら、自分で調べる力を身に付けないと。
いいですか?
稼げる人になりたいなら、意識して受け身体質を卒業しましょう。

 

サポートの人だって、あなたのその質問に答えるのは簡単なんです。
なんなら解決策が載っている記事のURLを貼り付けて返信したっていいんです。
でもそれじゃ、あなたのためにならない。
すごーくわかりづらいけど、優しさで『自分で調べて』と言っています。

 

2つ質問しても返答してくれなかったもう1つは、察して(自分で調べて)てことです。

 

この優しさ、わかりづらい。
伝わらないですよね。
ほんとに優しさ入ってたの?ていう返信も、まぁありますけどネ。

 

でも、なんでも親に聞いていては自立できないのと同じ。
まずは自分で考えていくことが大事ってことです。

 

自分で調べる力とは?

GoogleやYahooの検索窓にキーワードを入れれば調べられるのわかるし、ずっとやってますけど。
て、思いませんか?

 

でもそれって、興味のあることやお店や、週末の天気とか。
その程度の検索は誰でもできるので「力(チカラ)」とまでは言えません。
フツーに検索できる人です。

 

では、自分で調べる力(検索力)とは何か。

 

それは、ネット検索を使いこなして解決策を見つける力です。
知りたい情報に的確にアクセスする力とも言えます。

 

例えば、自分や家族が具合が悪い時。
いつもと違う症状ならば、不安で検索したりしませんか?

 

それが「頭痛」だとしても、いろんな病気が考えられるので
どんな痛みか、他の症状はないか、具体的に検索するうちによく似た症状を見つけたとします。
それが「貧血」の症状だったとしたら、どうしたら症状が改善されるのか。
さらに検索すると、貧血の症状を改善するために手っ取り早いのは、サプリ。
鉄のサプリがあって、ドラッグストアに売っているということにたどり着きました。

 

と、ネット検索を使いこなして解決策を見つけました。
これが『自分で調べる力』です。
何度も行ううちに、スキルアップして解決策にたどり着くのが早くなります。

 

ネットでも、例えばワードプレスの入力がうまくいかないならば、
「ワードプレス 〇〇できない」
「ワードプレス ○○したい」
などと検索すれば、解決方法がたくさん出てきます。

 

エラーメッセージが出たなら、そのエラーメッセージをコピペして検索すると、
同じメッセージが出て解決できた人の体験を見つけることができます。

 

初めは、どういうワードで検索したらいいかわからないかもしれません。
でもこれは、自分でやってみてスキルを磨くしかない。

 

教えてもらった方が早いのはわかりますが、それでは何も身に付きません。

 

考えて検索する。
検索しても出てこなければ、別のワードに置き換えてみる。
そうするうちに自分で調べる力が身に付き、情報強者になれます。

 

自分で調べる力がある人=情報強者=稼げる人です。

 

サポートに質問することは、ノウハウに関することだけになって効率が良くなります。

 

稼ぐ人になるために

自分で調べる力を身に付けた人が『情報強者』です。
自分で検索して解決することができる。
稼いでいる人はみんなそれができています。

 

一方で、フツーに検索できる人は、情報に操られる可能性が高いです。
簡単な検索で得られる情報で満足するからです。
いわゆる『情報弱者』ですね。
情報弱者はあらゆる分野でいいお客さんです。
一言で言ったら『カモ』ですよ。

 

そうなんです。
情報強者にならないと、カモられる可能性が高いんですよ。

 

わかりますか?
『自分で調べてください』
て言われて、キレたり落ち込んだりしているうちは、カモられるってことです。

 

初心者がわからないことは、検索すればほとんど解決します。
検索しても解決しないなら、検索の仕方が違っているのかもしれません。

 

検索力が上がっただけでこんなことも起きますよ^^。

 

これからは、知識量よりも検索力が重要になってくると思います。
「大抵のことはネットで調べれば解決する時代よ」
と、ちょっと高いところから言っちゃうあなたになってくださいね!

 

では。かりんでした。

 

何かありましたら、
気軽にメールしてください。

 

些細なことでも、
ご相談・質問も待ってます^^
『自分で調べてください』て言いませんから。
メールしてみる

 

おすすめの記事